★パナソニック ドライヤー

EH-NA9GとEH-NA9Fの違いを比較!パナソニックのヘアードライヤーナノケア

「EH-NA9G」と「EH-NA9F」の違いを細かく調べるには、とにかく手間と時間がかかるので面倒くさいですね。

でも商品選びに失敗したくないし、時間もないし…

そんな時間のないあなたに代わって、この記事を読むだけで失敗しないベストな商品を手にできるように「ER-GN51」と「ER-GN70」の違いを調査しました。

それでは「EH-NA9G」と「EH-NA9F」の違いについて、これからご説明いたします。

私のおすすめは「EH-NA9G」です。

価格の違いについて

まず始めに「EH-NA9G」と「EH-NA9F」の価格の違いを以下に記載します。2022年9月18日18時時点(送料無料で統一)

EH-NA9GEH-NA9F
Amazon21,640円25,600円
楽天21.088円(最安値)23,200円
ヤフー21.088円(最安値)22,153円(最安値)

「EH-NA9G」の方が「EH-NA9F」より1000円〜4000円程度安いです。

EH-NA9Gの購入はこちら

EH-NA9Gの購入はこちら

細かな機能の違いは以下で説明します。

機能の違いについて

「EH-NA9G」と「EH-NA9F」の機能の違いは以下です。

EH-NA9GEH-NA9F
発売日2021年9月2021年9月
タイプナノイー&ミネラル搭載ナノイー&ミネラル搭載
海外・国外両用
水分量☆☆☆☆☆☆
カラーゴールド
ピンクゴールド
ルージュピンク
ピンクゴールド
便利な機能UVケア効果
キューティクル密着
お手入れ簡単フィルター
静電気抑制
UVケア効果
キューティクル密着
お手入れ簡単フィルター
静電気抑制
モード温冷リズム
毛先集中ケア
インテリジェント温風
スカルプ
スキン
温冷リズム
毛先集中ケア
インテリジェント温風
スカルプ
スキン
イオンチャージ○(インチャージプラス
付属品セットノズルセットノズル
C-2プラグアダプター
海外使用-(AC100-120V/200-240V電源対応)
電源・電圧AC100V 50-60HzAC100/120
V⇆AC200/240V
50-60Hz
消費電力1200W
(TURBO/HOT時)
1000W
(AC100/200V・TURBO/HOT時)
1400W
(AC120/240V・TURBO/HOT時)
温風温度
(室温30℃の時)
温風モード時:約125℃(DRY時)
スカルプモード時:約60℃
約100℃(AC100/200V・DRY時)
約125℃(AC120/240V・DRY時)
スカルプモード時:約60℃(AC100/200V)
風量1.3m3/分(TURBO時)1.1m3(AC100/200V・TURBO時)
1.2m3(AC120/240V・TURBO時)
本体寸法高さ22.8×幅21.4×奥行9.2cm高さ22.7×幅22.2×奥行9.1cm
本体質量575g620g

「EH-NA9G」と「EH-NA9F」の機能を比較すると大きな違いは以下の4点です。

  • 海外使用
  • イオンチャージ
  • 温度・風量
  • カラー

海外使用について

「EH-NA9F」は海外で利用できることが一番の特徴です。

海外でも使える電圧切り替えスイッチがついています。

使用する場所に合わせて簡単に電圧を切り替えられます。

電圧切替スイッチ付。鍵の頭などで、簡単切り替え!
引用元:https://panasonic.jp/hair/products/dryer/EH-NA9F.html

C-2プラグアダプター付でプラグのタイプが合わない場合にも対応可能です。

※A-2タイプ、 C-2タイプの使えない地域での使用の場合には、地域に合わせて別途アダプターを準備する必要があります。

【写真】C-2プラグアダプター
引用元:https://panasonic.jp/hair/products/dryer/EH-NA9F.html

海外で使用する頻度が高い方、海外の方へのお土産には「EH-NA9F」がおすすめです。

イオンチャージについて

「EH-NA9F」にはイオンチャージ、「EH-NA9G」にはイオンチャージプラスがそれぞれ搭載されています。

「EH-NA9G」と「EH-NA9F」ではナノイー&ミネラルが発生し髪を美しく導きます。

イオンチャージはそのナノイーとミネラルをより髪に浸透しやすくする機能です。

ナノイーとミネラルはマイナスの電気を帯びています。

そのため、髪に当て続けると髪にマイナスの電気がたまり、マイナス同士が反発して髪に付着しにくくなってしまいます。

イオンチャージパネルに触れると、たまったマイナスの電気を髪から逃すので、ナノイーとミネラルイオンが髪に付着しやすくなります。

髪に浸透し続け、水分を補給し毛先までしっかり潤います。

イオンチャージプラスでは従来のイオンチャージよりマイナスイオンを効率よく逃すやすくなっています。

温度・風量について

「EH-NA9G」と「EH-NA9F」の温度と風量の違いについてです。

「EH-NA9G」では温度は125℃、風量は1.3m3/分(TURBO時)です。

一方、「EH-NA9F」では国内使用時の温度は約100℃、風量が1.1m3/分(TURBO時)です。

海外使用時の場合、地域によりますが約125℃、風量が1.2m3/分(TURBO時)となります。

国内で使用する場合、「EH-NA9G」の方がより効率的に髪を乾かすことができます。

カラーについて

「EH-NA9G」と「EH-NA9F」のカラーの違いについてです。

「EH-NA9G」ではゴールドとピンクゴールドの2色展開です。

商品写真:N(ゴールド)・PN(ピンクゴールド)
引用元:https://panasonic.jp/hair/products/dryer/EH-NA9G.html#feature2

「EH-NA9F」はルージュピンクとピンクゴールドの2色展開です。

商品写真:RPルージュピンク)、PN(ピンクゴールド)
引用元:https://panasonic.jp/hair/products/dryer/EH-NA9F.html

まとめ

「EH-NA9G」と「EH-NA9F」の違いを比較すると、値段は大きくは変わらないことがわかりました。

私がおすすめするのは「EH-NA9G」です。

おすすめの理由

・風量が若干、EH-NA9Fよりも強い

・イオンチャージの機能が搭載されている

・海外では使用しない

以上のことから「EH-NA9G」を私はおすすめします。

海外で使用する機会が多い方は「EH-NA9F」がおすすめです。

-★パナソニック, ドライヤー