★シャープ ドライヤー

IB-GP9とIB-NP9の違いを比較!シャープのプラズマクラスタードライヤー

「IB-GP9」と「IB-NP9」の違いを細かく調べるには、とにかく手間と時間がかかるので面倒くさいですね。

でも商品選びに失敗したくないし、時間もないし…

そんな時間のないあなたに代わって、この記事を読むだけで失敗しないベストな商品を手にできるように「IB-GP9」と「IB-NP9」の違いを調査しました。

それでは「IB-GP9」と「IB-NP9」の違いについて、これからご説明いたします。

私のおすすめは「IB‐NP9」です。

価格の違いについて

まずは「IB-GP9」と「IB-NP9」の価格の違いを以下に記載します。2022年10月25日21時時点(送料無料で統一)

IB-GP9IB-NP9
Amazon¥17,800取り扱いなし
楽天¥19,800¥14,580
ヤフー取り扱いなし¥14,498

「IB-GP9」の最安値はAmazonですが、楽天とYahoo!ショッピングの価格と大きく差がありますね。

また最安値であっても「IB-NP9」より少し高いです。

「IB-GP9」は色によって価格が違いました。比較したのは「IB-GP9」のアンティークゴールドと「IB-NP9」のキャメルピンクです。

ちなみに、「IB-GP9」のアンティークゴールド以外の色はYahoo!ショッピングでも販売中です。

シャボングリーンだけは現在どこも販売していないようです。

IB-GP9の購入はこちら

IB-NP9の購入はこちら

機能の違いについて

「IB-GP9」と「IB-NP9」の機能の違いは以下です。

IB-GP9IB-NP9
発売日2016年10月2021年8月
質量約590g(本体のみ)約585g(本体のみ)
搭載モードスピーディドライ(HOT)
いたわりドライ(WARM)
地肌ドライ(SCALP)
仕上げ(COLD)
ビューティ(BEAUTY)
HOT
WARM
SCALP
COLD
BEAUTY
スピードノズル×
風量約1.7m³/分(ホット/ターボ運転時)約1.8m³/分(ターボ運転時)
ルージュレッド
シャボングリーン(※)
アンティークゴールド
ミステリアスパープル
キャメルピンク
コズミックパープル
※新品・中古ともに販売されていません。(2022年10月25日21時現在)

発売日について

発売日についてです。

「IB-GP9」は2016年10月に発売されていて、5年後の2021年8月に「IB-NP9」が発売されました。

型番、形状や機能を見ても「IB-NP9」は「IB-GP9」と同系機種であることが分かります。

質量について

質量についてです。

「IB-NP9(新)」は約580gで、「IB-GP9(旧)」が約590gと10g重いことがわかります。

搭載モードについて

運転時のモードについてです。

両商品ともに「HOT」「WARM」「SCALP」「COLD」「BEAUTY」といった5つのモードが搭載されていました。

中でも美髪ケアにおすすめなのが「BEAUTY」モードです。

https://jp.sharp/beauty/products/ibnp9/mode/images/sub01-2.jpg

シャープ公式サイトの商品ページには「温風と冷風を交互に当てることで、髪のキューティクルを引き締める効果が期待できる」とありました。

その温風と冷風の切り替えを自動でできるのが「BEAUTY」モードです!

周辺温度をセンサーで感知して4つのモード(「HOT」「WARM」「SCALP」「COLD」)の中から熱すぎず、寒すぎない風の組合せを自動で設定しているとのこと。

https://jp.sharp/beauty/products/ibnp9/mode/images/sub01-4.jpg
季節ごとの気温に対応した組み合わせを設定してくれる

本体に「BEAUTY」ボタンがあるので、ワンプッシュで切り替えできます。

「IB-GP9(旧)」のBEAUTYモードでは、温風と冷風を自動で繰り返すだけだったのが、「IB-NP9」では気温に応じた温冷の風の組み合わせをしてくれるという部分で違いがありました。

また、「BEAUTY」ボタンの横に「MORE」ボタンがありますが、プッシュすることで「HOT」「WARM」「SCALP」モードへの切り替えが可能です。

https://jp.sharp/beauty/products/ibnp9/mode/images/sub01-5.jpg
https://jp.sharp/beauty/products/ibnp9/mode/images/sub01-6.jpg

さらに「COLD」モードへの切り替えもワンプッシュでできるように「COLD」ボタンが存在します。

https://jp.sharp/beauty/products/ibnp9/mode/images/sub01-7.jpg

「IB-GP9(旧)」も記載がないだけで搭載モードは一緒です。

BEAUTYモード以外は同じ仕様のモードでしたが、5年も経っているだけあって機能もパワーアップしています。

スピードノズルについて

「IB-NP9(新)」の付属品「スピードノズル」についてです。

「IB-NP7(旧)」には付いてないのでご注意ください。

引用元:https://jp.sharp/beauty/products/ibnp9/spec/images/option02.jpg

「スピードノズル」は鳥類最速のアマツバメの「尾」をお手本にしたノズルで速乾を目的としたもの。

スピードノズルを使用すると、ヘアドライの時間を約20%も短縮できるとのことです。

両商品の大きな違いの1つではないでしょう。

風量について

ドライヤー選びの際に参考にしたいのが「風量」。

「IB-NP9(新)」は約1.8m³/分(ターボ運転時)、「IB-GP9(旧)」は約1.7m³/分(ターボ運転時)でした。

髪のダメージを抑えながら速く乾かしたい方にはどちらもちょうど良い風量ではないでしょうか。

シャープ独自の速乾エアロフォルムを搭載しています。

大量の速い風を地肌に届けてくれるので、髪を根元から乾かすことが可能です!

https://youtu.be/-KguUj-uI0Q

色について

色についてです。

「IB-GP9(旧)」は、

・ルージュレッド
・シャボングリーン
・アンティークゴールド
・ミステリアスパープル

の4色。

https://jp.sharp/cms/living/images/000079349.jpg
https://jp.sharp/cms/living/images/000079350.jpg
https://jp.sharp/cms/living/images/000079351.jpg
https://jp.sharp/cms/living/images/000073417.jpg

シャボングリーンは新品・中古ともにAmazonやYahoo!ショッピングなどで販売されていません。(2022年10月25日21時現在)

「IB-NP9(新)」はキャメルピンク、コズミックパープルの2色。

ピンク
コズミックパープル

引用元:https://jp.sharp/beauty/products/ibnp9/

両商品であれば色の種類も多いため、好きな色で選ぶのもいいですね。

まとめ

「IB-GP9(旧)」と「IB-NP9(新)」の特徴・違いを比較して分かったことについてです。

発売年月は5年違うため、旧型の「IB-GP9」は新型の「IB-NP9」よりも少しだけ高くなっていました。

生産数が減っているなどの理由があるのかもしれませんね。

そして色によって販売されていなかったり、値段が大きく違っていたりするため「IB-GP9(旧)」の購入を検討中の人は注意が必要です。

また、機能面でいえば「IB-NP9(新)」がより高性能になっていることも分かりました。

よって価格と機能面でおすすめしたいのは「IB-NP9(新)」です。

「IB-NP9(新)」がおすすめの理由

・「IB-GP9(旧)」より安価で価格も安定している。

・より優れた「BEAUTY」モードに期待したい。

・スピードノズルが付いているのでより速乾を実感できそう。

「IB-NP9」の口コミを見ると、「風量があるのに熱すぎないので乾かしやすい」「『BEAUTY』ボタンで自動的に運転モードが切り替わるので便利」と書かれていました。

また「髪がまとまる」「仕上がりが今まで使っていたドライヤーと違う」など、プラズマクラスターの効果を実感している人も。

プラズマクラスターイオンなし
https://jp.sharp/beauty/products/ibwx2/pci/images/sub01-1.jpg
プラズマクラスターイオンあり
https://jp.sharp/beauty/products/ibwx2/pci/images/sub01-2.jpg

速乾エアロフォルムプラズマクラスターは両商品に搭載されている技術です。

より速乾、より便利な方が良いという人は「IB-NP9」がおすすめ!

どちらを選んでもあなたの美髪ケアのお役に立つこと間違いありません!

「IB-NP9」はYahoo!ショッピングが最安値です。

-★シャープ, ドライヤー