実用段階に入ったビッグデータの教育活用>岡山大学大学院

Pocket

elearninge368e2fc48e65a902e_s

これまで見えなかった子ども一人一人の日々の学習成果の積み重ねを初めて可視化!今年度岡山市内の公立中学校の全校生徒を対象に学習実験を開始するとのことです。 たいへん興味深い記事です!
以下 ご参考 岡山大学様WEBサイトより抜粋

スケジューリング技術で初めて見える子どもの実力?

近年、ビッグデータが注目されていますが、その中でも個人の履歴データ(縦断データ)が大量に収集できる状況は、これまでなかったものです。特に、人間の行動(学力、嗜好)の理解や予測を目指す場合には、因果関係を検討できる縦断データは非常に高い価値を持ち、それが大量に収集できる状況は、想像を超える新しい研究とサービスを生み出す可能性を持っています。

つづきはこちら
http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id33.html