第1回 サービス人材WGセミナー 「これからのサービス業の人材戦略とサービス経営学」(LeBAC)盛況でした!ご参加有難うございます。

Pocket

jinzai5

HRテクノロジーコンソーシアムでは、「サービス業」「人材」というキーワードの重要性を考えサービス・人材に関するワーキンググループを始めました。それを記念し、3月8日(火)レアジョブ様セミナールームにて、第1回サービス人材WGセミナーを開催しました。

jinzai4

人口構造の変化、サービス業の拡大、2020年東京オリンピック開催決定を契機とした業界を取り巻く外部環境の変化の中で、これからのサービス業の人材マネジメントや経営学はどうなっていくのか。今、何をすればよいのか。本セミナーは、その動向について、業界・研究のフロンティアの方をお招きしてご講演いただきました。

jinzai1

一番目は、基調講演として「サービス産業政策とこれからのサービス経営学」 というタイトルで慶應義塾大学ビジネス・スクール LeBAC会長の岩本隆先生にお話頂きました。

jinzai3

2番目は『「おもてなし」は日本のサービス業の競争力の源泉と言えるのか?』というテーマで慶應義塾大学ビジネス・スクールMBAの新改 敬英氏にご講演頂きました。

jinzai6

3番目は 「サービス業の人材マネジメント」というテーマで青山フラワーマーケットで有名な株式会社 パーク・コーポレーション・人事の佐治晃子 氏にお話頂きました。

なお、このセミナーは後ほどLeBAC会員限定および期間限定で、eラーニングで受講できるよう用意をしております。どうぞよろしくお願いします。

講演者略歴

——————————————————————————————–

【講演者】
岩本 隆 慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 特任教授/LeBAC会長

プロフィール● 東京大学工学部金属工学科卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)工学部材料学科Ph.D.。日本モトローラ、日本ルーセント・テクノロジー、ノキア・ジャパン、ドリームインキュベータ(DI)を経て、2012年より慶應義塾大学大学院経営管理研究科(KBS)特任教授。外資系グローバル企業での最先端技術の研究開発や研究開発組織のマネジメントの経験を活かし、DIでは、技術系企業に対する「技術」と「戦略」とを融合させた経営コンサルティングや、「技術」・「戦略」・「政策」の融合による産業プロデュースなど、戦略コンサルティング業界における新領域を開拓。慶應義塾大学ビジネス・スクールでは、「産業プロデュース論」を専門領域として、新産業創出に関わる研究を実施。ICT CONNECT 21普及・推進ワーキンググループ座長、Eco Design実行委員、研究・技術計画学会ブレイクスルー研究会幹事、みんなの夢AWARDアソシエイトプロデューサー、産業技術総合研究所集積マイクロシステム研究センター外部評価委員。

——————————————————————————————–

佐治 晃子氏 株式会社パークコーポレーション(青山フラワーマーケット) パートナーサポート室 マネージャー

プロフィール● 同志社女子大学学芸学部英語英文学科卒。
2005年Bond BBT MBA(ボンド大学大学院ビジネススクール BBT グローバルリーダーシップMBAプログラム)終了。
日系商社営業職、日系小売業販売職、米系小売業でカスタマーサービスマネージャーを経て人事職へ。
その後米系金融、欧系小売業にてClient Manager, 人材組織開発担当部長。2014年4月より現職。

——————————————————————————————–

新改 敬英氏
慶應義塾大学経済学部卒業。
慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程在学中(MBA)。

大学院在学中にUniversity of Chicago Booth School of Businessへ単位交換留学。
Schulich International Case Competition 2014 (@Toronto)ファイナリスト
大手監査法人等にて会計監査・M&A業務に従事したのち事業会社に転身し、一貫して経営企画業務全般に従事。
経営戦略立案・組織マネジメントから事業計画策定や財務分析まで、オールラウンドに手掛ける。
Certified Public Accountant, Hawaii 2001 (inactive)
所属学会:Academy of Management、組織学会、経営行動科学学会、日本管理会計学会等